生命保険とは異なるがん保険

長い人生の中で、入院せざるを得ないことは、何度かあるものです。しかし、人の3大疾病の中で、がんともなると、肉体的にも精神的にも、かなりの負担がかかってしまいます。

早期発見で軽く処置できることもありますが、末期がんともなると、入院、手術を含めて長期戦になってしまうことが予想され、家族も含め精神的には大きな負担がかかってしまいます。特に、長期の入院も場合、費用面も高額になってきます。

「生命保険に入っているから大丈夫。」と思えるかもしれませんが、一般的な生命保険は退院後や手術後の支払いとなり、一時的な負担が計り知れないのです。しかし、がん保険は、生命保険を更に進化させて、がんの診断がなされ告知されると同時に保険申請して、保険金が支払われる仕組みも盛り込まれているのです。このようなメニューを活用することで、少しでも生存中の経済的な負担を軽くすることが懸命なのです。

また、がん保険は一時金とて支払われる性質も持ち合わせているので、 がんにとっては、大変ありがたい保険です。日頃の生活ではあまり意識されないことなのですが、健康な時だからこそ生命保険だけでなく、がん保険も並行して加入しておくと、万が一の時に慌てず対処することができるのです。